墨田区 派遣看護師

老健での看取りってどんな感じ?フルコースで救命や転院するケースもあるの?

老健は、在宅復帰の支援をしている施設なので、本来は看取りを行っていないんです。
看取りまでを希望する方は、特養に入所しているんです。
でも、現在、特養はどこも一杯で、入所待ちで待機している方が沢山いる状態なんですよね。
だから、特養の空きを待っている利用者も沢山いるんですよ。
そのような事もあって、老健での看取りは、以前に比べるとかなり増えていますね。

 

老健で看取りを行っている方は、基本的には老衰の方だけです。
延命を希望しないで、安らかな最期を希望される場合の看取りですね。
ご家族の方が救命を希望している場合は、施設での看取りは行っていないんですよ。
施設内では、医療設備が整っていない事もあって、対応ができないので、病院に入院してもらっているんです。
老衰の方でも、治療や延命を希望する場合には、入院の受け入れをしてくれるんです。

 

老健での看取りは、必要以上の治療は行わないですね。
無駄な苦痛を与えたくありませんから、無理のない程度に水分を補給して、最期の時を待つ感じです。
その時には、ご家族に連絡を取って、ドクターも駆けつけますね。
流れとしては、呼吸停止が確認されたら、心電計で心停止の確認をします。
それから、ドクターが死亡確認を行ったら、私達看護師がエンジェルケアをするんです。
そして、葬儀屋さんが迎えに来るのを待ってお見送りをします。

 

老健での看取りは、最近になって増えてきた事なので、まだまだ課題は沢山ありますよね。
介護士の方は、看取りを経験した事がない方がほとんどなので、戸惑ってしまう方が多いんです。
今後、改善していかなくては行けない点も沢山あります。
でも、安らかな最期を過ごす事ができるように、出来る限りのケアをするように心がけています。