墨田区 派遣看護師

老健に勤めていると「看護技術」とか「医療行為」を忘れて不安に感じる事がありますか?

介護施設と病院とでは、目的が違いますから、看護師の仕事内容も全く異なります。
介護施設は、利用者さんが健康維持しながら、生活をしている場なので、治療を目的とはしていません。
だから、看護師も医療行為をする事はかなり少ないんです。

 

私は、子育てしながら働く為に老健に転職しました。
早いもので、この老健で働き始めて数年が経過します。
老健は、残業がほとんどありませんし、年間の休日数が多くて、休み希望も通りやすい環境です。
看護師は24時間常勤しているので夜勤もあるんですが、私は、子供がもう少し成長するまで免除してもらっています。

 

介護施設の中でも、老健にはドクターが常勤しているので、医療行為は多いほうです。
といっても、医療設備が整っているわけではないので、施設内で行われる医療行為は限られます。
血液検査、尿検査、心電図、インフルエンザの簡易検査くらいで、治療も内服治療だけです。
その他に治療が必要な場合には、病院で受診する事になります。
看護師が常に行っているのも、経管栄養やカテーテルの管理、痰の吸引、傷の処置、それに、水分補給の為の点滴、
といった程度です。

 

高齢者の方なので、急変が起きる場合もあるんですが、施設内で対応できない場合は、病院に救急搬送します。
その際、看護師には、観察能力や判断力が必要とされます。
老健での勤務が、長くなればなるほど、看護技術や医療行為を忘れてしまうのではないか、という不安を感じるようになります。
老健の仕事は、看護技術や医療行為というよりも、利用者とコミュニケーションを取る事が大切です。
病院とは違う楽しさややり甲斐がありますが、このまま勤務が長くなると、病院に戻るのは難しいだろうな、
と思ってしまいます。